お知らせ - News -

  • 2020.03.24

    給食の試作2回目

    暖かい日が続き、キコレのお庭のシンボルツリー「ジューンベリー」も新芽を出しつつあります。

    今日は2回目の給食試作会をしました。

    キコレに入園する予定の子どもたち、幼児食からお鼻からの注入食、ミルクなどなど、一人一人が違う形態の給食になります。そのため、1回目の試作会ではちょっと時間がオーバーしてしまい、その後管理栄養士さんと調理師さんでいかに手順良く子どもたちの給食を準備するのか試行錯誤してくれました。

    今日のメニューは、新じゃがいものコロッケとお野菜のスープ、サラダです。キコレでは食育にもしっかり取り組みたいと考えているので、冬の寒さを乗り越えてきた野菜たちがふんだんに使われました。とてもおいしい給食にスタッフもついつい仕事を忘れてランチタイムを楽しみつつ、でも子どもたちのお顔が浮かんできて、しっかり確認作業。

    4月からの給食が楽しみです。

     

  • 2020.03.23

    内覧会に向けてのお願い

    いつもNPO法人i-care kids京都を応援、ご支援いただき大変ありがとうございます。

    週末にご支援者の皆さま、関係者の皆さまをお招きして開催する予定の内覧会ですが、新型コロナウィルスの感染予防のために、以下のことを来場者の方々にお願いいたします。直前のお知らせになってしまい大変申し訳ございませんが、ご理解ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

    ①内覧会に際して、以下の方は来園を自粛いただけますようご協力お願いいたします。
    ・ 2週間以内に、海外への渡航歴のある方
    ・ 感染者の濃厚接触者に特定された方、その可能性のある方(感染者と最後に濃厚接触をした日から起算して2週間以内の方)
    ・ 当日の検温で、発熱(概ね37.5度以上)や呼吸器症状のある方

    ②来場の際には、マスクをご着用くださいますようお願いいたします。なお受付に手指消毒液を設置しますので、消毒をお願い致します。

    ③法人スタッフもマスク着用で皆さまをお迎えいたします。ご了承くださいますようお願い申し上げます。

    なお、当日は内覧会の招待状をご持参いただきますようお願いいたします。

    皆さまのご来場をスタッフ一同お待ちしております。

     

     

     

  • 2020.03.23

    ドネーションツリーができました!

    小規模保育園キコレ開園のために、本当にたくさんの方々にご支援を頂戴しました。

    感謝の気持ちを込めて、園舎には「ドネーションツリー」を飾りたいと思っていたのですが、法人スタッフとスタッフのお父様が温かいイメージのドネーションツリーを作ってくれました。お一人お一人、一つ一つの団体様のお名前を葉っぱに載せ、ツリーを完成させました。

    ご寄付者の中には匿名を希望されていたり、お名前の掲載不可とされている方々もたくさんいらっしゃいますが、そんな方々への感謝の気持ちもたくさん込めています。

    ご支援くださった皆さま、本当にありがとうございました。これからも私たちは、大切に大切にキコレを育てていきたいと思っています。お力を貸して下さり、本当にありがとうございました。

  • 2020.03.19

    小さな助っ人たち

    小規模保育園「キコレ」の入園式まで、あと2週間ちょっととなりました。

    毎日、いろんなことが同時進行で進んでいます。

    そんな中、新型コロナウィルスの影響で学校がお休みになっている小学生たちが棚の組み立てのお手伝いをしてくれました。「あーでもない、こうでもない、、、」と試行錯誤しながら組み立ててくれました。お休みにいい経験ができたと母たちも嬉しくなりました。小さな助っ人たちのように、たくさんの人たちに支えられながら、キコレの開園準備が進んでいます!

  • 2020.03.14

    小規模保育園「キコレ」のページが公開されました。

    暖かな春の日差しも感じるようになりましたが、新型コロナの影響で例年のように春に向かう一日一日を味わうことができないので、本当に残念です。

    そんな中、キコレの開園は一日一日近づいています。

    ホームページにキコレのページを追加しました。スタッフ、役員で考え、議論した「保育理念」や「保育方針」などを掲載しています。ぜひご覧ください。

    小規模保育園「キコレ」のページ ⇒ https://i-carekids.com/about_kikore/

  • 2020.02.29

    匿名でご寄付をいただいた方へ・ご連絡先がわからないご支援者の皆さまへ

    いつもi-care kids京都を応援、ご支援いただき、大変ありがとうございます。

    皆様のご支援のおかげで、いよいよ小規模保育園「キコレ」が4月に開園する予定です。そこで、開園に向けてご支援いただいた方々へ、お礼状と内覧会のご案内を順次送付させていただいております。ご支援者の中には匿名でご寄付を下さった方、またお名前はお伝えしてもらっているもののご連絡先の分からない方々がいらっしゃいます。もし、「内覧会に参加したい」、「園を見てみたい」というご支援者の方がいらっしゃいましたら、お名前とご連絡先をメール office@i-carekids.com までお伝え願えればありがたいです。

    皆様の応援とご支援に心から感謝いたしております。どうぞよろしくお願いいたします。

  • 2020.02.29

    入園説明会について

    新型コロナウィルスで各方面に影響が出ていますが、小規模保育園「キコレ」の入園説明会は、京都市では保育園は休園になっていないこと、集まる人数も多くないことを踏まえ、予定通り3月7日(土)に実施する予定です。

    入園決定の通知が届いた方は、3月7日(土)午前10時からの入園説明会にお越しください。なお、園の駐車場は2台までしか駐車することができませんので、もし空いていない場合は、園のお向かい、もしくはマンション敷地内のコインパーキングなど、近隣駐車場をご利用ください。移乗、移動にお手伝いが必要な場合は、電話090-9167-2606までご連絡ください。

    また、当日ご参加いただけない場合は、改めて日程調整をさせていただきますので、ご連絡ください。

    4月の開園に向けて、スタッフも急ピッチで準備を進めています。みなさんを笑顔でお迎えできるように、あと1か月しっかりと準備をしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

     

  • 2020.02.27

    H2Oサンタ NPOフェスティバルに参加しています。

    2月26日(水)~28日(金)まで、阪急うめだ本店9階で開催されているH2Oサンタ「NPOフェスティバル」にi-care kids京都も参加しています。

    このフェスティバルは、「世界にひとつだけのブライス」チャリティーオークションと、NPO団体の展示などで構成されています。阪急うめだ本店のファッションブランドさんたちが、それぞれブライス人形のファッションをデザインし、それがチャリティーオークションに出され、落札合計金額からお人形代を差し引いたものが、参加するNPO団体へ寄付されるという阪急さんならではのチャリティーが展開されています。また、参加団体の横のつながりをつくるしかけもあって、とてもありがたいイベントになっています。

    他の団体の皆さんと交流させていただき、様々な取り組みを知ったり、保育園開園後に協力な助っ人になってくださる方々との出会いがあったり、難病の子どもたちの支援をされている団体のメンバーさんたちと情報交換をしたりと、またまたいい出会いがあり、感謝しています。

    このような機会を与えてくださり、本当にありがとうございます!

  • 2020.02.15

    防災教育チャレンジプラン実践発表会に行ってきました。

    2月15日(土)に東京大学地震研究所にて行われた「防災教育チャレンジプラン実践発表会」に行ってきました。

    NPO法人i-care kids京都では、2020年度に取り組むメインテーマを「食育」「防災」「リスクマネジメント」の3つにしており、そのうちの一つ「防災」への取り組みを識者の指導とともに行っていきたいという思いから、「防災教育チャレンジプラン」に応募し、採択されました。

    会場では、2019年度の実践団体の発表がスライドを使って行われた後、2020年度の実践団体のパネル展示発表が行われました。団体の多くが学校関係者だったのですが、中にはママたちが防災に取り組んでいる団体や、団地の防災に取り組んでいる団体もあり、とても興味深かったです。

    パネル展示発表では、各省庁の方々、大学の研究者の方々、支援学校の先生方など、様々な人たちと意見交流ができました。医療的ケア児の防災の取り組みは、全国的にもここ数年始まったところで、まだまだ手探りな部分はありますが、保育園が開園したら、「いざという時にどのようにして子どもたちを守るか?」というのは、喫緊の課題です。開園までに「災害時対応マニュアル」や「避難訓練計画」などの作成もしていかなければなりません。

    「たくさんの課題があるけれど、まずは現状の課題を洗い出すこと、それを整理することからしないといけないね。」という実行委員の方のアドバイスもあり、役員、スタッフとともにその作業から入りたいと思います。そして、毎月の保育園での避難訓練を軸に、地域の消防署や保健師さんたちとの連携、各家庭に学んだことを落とし込んでいくこと、園児だけでなく、京都全体の医療的ケアの家族、医療、福祉、療育等関係者たちと共に学べる機会を作ることなど、しっかりと取り組んでいきたいと思っています。

  • 2020.02.14

    お味噌が仕込まれました。

    保育園の管理栄養士と法人スタッフで、給食のお味噌を仕込んでくれました。

    「保育園をするなら、食べることにこだわりたいなぁ。」とぼんやり思っていたのが、鴨川でわんちゃんのお散歩をしていた元同僚の栄養士さんと偶然再会し、「うちに来てほしい!」とお願いして、また一緒にお仕事ができるようになったり、保育園スタッフも法人スタッフも食べることが大好きだし、大切に思っているスタッフが多いこともあり、自然とみんなの興味は”食べること”に向かいます。保育方針の一つに、「障害や病気があってもなくても、五感を通して豊かな「食の体験」を積み重ねます。」という項目が入ったのも、ごくごく自然なことでした。

    「お味噌の仕込みは、すごく癒される体験でした。来年は保護者の方々と一緒にやりたい。」という栄養士さん。色んなことにこれからも取り組んでいきたいし、たくさんの人たちと子どもたちが「おいしい!」を共有できたらなぁと思っています。